元動物看護士のペット美容室 山梨県甲府市のペットの美容院キャンディー トリミング ペットサロン 犬のシャンプーカット 無麻酔歯石取り ペットホテル ミラクルコートプレミアムシャンプー取扱店

ナノバブルオゾンペットシャワーについて

 、

当店はオゾンナノバブル発生機

『オゾンペットシャワー』を導入しています!
ozonepetshower_main[1].png

マイクロバブルより更に微粒子のナノバブルです。
     
 そして、殺菌、消臭、洗浄力に優れたオゾンがプラスされ、

より健やかな皮膚、皮毛へ。
 
アレルギーや皮膚病のあるワンコは洗えば洗うほど

改善が見込めるといった凄い機械です! 

そしてこれを、無料でご来店の全てのワンコへサービスさせていただきます。

 山梨の動物病院ではすでに導入されている所もありますが、

 山梨県の美容専門店では初の導入店です(H28・1月現在)。

ozonepetshower_sub[1].jpg


わんちゃんの皮膚や被毛が
より清潔で、
すこやかである様、
当店は今後とも努力させて
いただきたいと存じます。





 
ナノバブルオゾンペットシャワー使用による効果
・余分な脂肪を分解・洗浄します。
・あぶらっこいワンコもふんわり仕上がります。
 ・ペット臭を脱臭します。
 ・皮膚の再生を活性化します。
・アレルギー性皮膚炎、湿疹の皮膚改善や予防にも大変有効です。
・お口の中をオゾンですすぐことで、殺菌 消臭効果に有効です。
・お耳の中をオゾンですすぐことで、殺菌 消臭効果にも有効です。

今現在アレルギーなどの皮膚病で悩まれているワンコには、
より効果的な 『オゾンナノバブル温浴』(別途)をお勧めいたします。
 37~38度のワンコの体温と同じ温度の 泡風呂へ10分~15分入ることでより効果が期待できます。
 お風呂の中でトリマーによるマッサージも行いますので ワンコはうっとり気持ちよくなります。(^^)


オゾンナノバブル温浴(体重ではなく背丈での区別です。体高30cmまで)
小型犬・・・1600~2500円
*体高とは地面から背中までの高さです。
*各犬種のシャンプーコースへのオプションとなります。

IMG_0022a250.jpg  



c2[1].png 何かしら疾患を持っている、または「既往症=現在抱えている疾病」があるわんちゃんは、共に「アレルギー性/アトピー性皮膚炎」などの「皮膚疾患」が約4割でもっとも多い結果となっています。


マイクロバブル・ナノバブルが皮膚に良い理由

c9[1].png 

マイクロバブルとは直径10~数10マイクロメートル(1μm=1/1000mm)程の超微細な気泡のことです。
そして更に微粒子のものをナノバブルといいます。
髪の毛の太さより小さな泡が毛穴の奧まで入り込み、剥離効果・気泡崩壊時のエネルギーにより、
皮膚の汚れ、老廃物を落とします。
水と空気だけで作ることができ、浄水作用や洗浄能力を活かした幅広い分野で研究され、使用されている自然にやさしい先端技術です。

c10[1].png
im3[1].gif          sankaku[1].gif  im4[1].gif  sankaku[1].gif
マイクロバブルが毛穴の奥まで入り込みます。        泡が汚れと皮膚の間に入り込みます。

im5[1].gif
剥離効果・気泡崩壊時のエネルギーにより、
皮膚の汚れ、老廃物を落とします。




c11[1].png im7[1].jpg


シャワーの水をコップに入れ、光を当てて透かしてください。
塵のようなマイクロバブルの気泡が確認できます。
 ;※後ろに黒色のボードなどを置くと、更にわかりやすくなります。 
 ※(注)白濁色になるイメージではなく、光に透かすと気泡が見えます





トップページへ戻る

rogo cha 210.jpg

当店は全国で数少ない 超音波 無麻酔 歯石取り 施術店です。

詳しくはこちらから。http://candypet.jp/03/


400-0844
山梨県甲府市中町145
 (車のナビゲーションでは、
 正確に表示されない事が
 あります。)

定休日・・・日曜日
       水曜日
      

営業時間 9:00~16:00

完全予約制
お電話にてご予約賜ります

Tel 055-243-1900

駐車場 5台有り
[店の前に横付けOK]

mail
info@candypet.jp
注)maiiでのご予約は
受付しておりません。


web担当 中山

 自分仕事用150.jpg

160.gif

サンタの家 里親  

 

トイプードル,バティー

動物取扱業
 保管・第1171196号
 登録 平成29年3月30日
 有効期間 
  平成34年3月29日

動物取扱責任者
  氏名 中山葉子